FC2ブログ
ブログパーツ

福留の9回同点弾を元捕手が称賛「完全に誘った直球。見事」

  • 2019/10/07(月) 13:40:58

■阪神、敗れて1勝1敗も… 福留の9回同点弾を元捕手が称賛「完全に誘った直球。見事」
10/6(日) 20:44配信 Full-Count

■DeNA 6-4 阪神(CS・6日・横浜)

 阪神は6日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)でサヨナラ負け。9回に岩崎優投手が代打・乙坂智外野手に2ランを浴び、4-6で敗れて1勝1敗のタイとされた。だが、1点を追う9回には福留孝介外野手がDeNA守護神の山崎康晃投手から一時同点となる起死回生のソロ本塁打。勝負の第3戦につながる一発となった。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏も「無抵抗で負けたわけではない。悲観することはない」と指摘。そのうえで、福留のホームランについて「あれは完全に誘った真っ直ぐだった」と、“百戦錬磨”の大ベテランが一枚上手だったとの見方を示した。

 8回からマウンドに上がっていたDeNA山崎は、イニングまたぎで打者5人を打ち取って勝利まであと1死とした。ただ、ここで立ちはだかったのが福留だ。1球目はツーシームに空振り、2球目は同じくツーシームを見逃してボールでカウント1-1となって迎えた3球目、150キロの直球を完璧に捉え、右翼スタンド上段へ運んだ。まさに起死回生の同点弾だった。

 野口氏は、山崎を8回から投入せざるをえなくなったDeNAの投手起用に苦言を呈した上で「9回はすんなり終わっていないといけなかった。これぞ福留孝介にやられた、という場面でした。あれは完全に誘った内角直球だったので。投げさせて狙った直球。見事です。それにまんまとバッテリーが乗ってしまった。DeNAとしては、そこは反省しないといけない場面です」と振り返る。

「一発だけは打たれてはいけない場面でインコースに真っ直ぐを投げてはダメ」

「まずはセオリーとして、ホームランを打てるバッターのインコースに真っ直ぐで行くということが間違いですよね。なぜ選択したのか。初球の空振りと2球目の見逃し方にバッテリーは完全に騙されていました。福留は初球は全然合わない空振りをした。クイックで投げられたのもありましたが、全然タイミングの合わないツーシームを空振りしました。2球目は外角ボールゾーンで、ドンピシャリのタイミングでツーシームを見逃しましたとなると、バッテリーはインコースとは限らなくても真っ直ぐを投げたくなるものです。それを投げさせるように福留が(2球で)仕向けた。逆に、バッテリーがそこでインコースを選択したのがいけません

 実際に、捕手出身の野口氏は2球を見た時点で福留が誘いに来ていると感じたという。

「今日の山崎のピッチングを見ていると、かなりデータ的なものが出ていました。山崎は左打者のときに2ストライク目にツーシームで空振りでカウントを稼ぐことが非常に多い。福留のときには初球にツーシームで空振りを取って、2球目もそういう意図だったのかは分かりませんが、ツーシームで誘ってきました。ただ、福留はそれに乗らなかった。福留が逆にそういう(直球)狙いをして、バッテリーが誘いに乗ってきた。あれだけ百戦錬磨の、あれだけホームランを打ってきたバッターに対して、一発だけは打たれてはいけない場面でインコースに真っ直ぐを投げてはダメです。あの場面で何を避けなければいけないかといったら、ホームランですから。福留は『はい、待ってました』という感じでしたよね」

 結果的に、福留の一発は勝利につながらなかった。ただ、野口氏は「無抵抗で負けたのではない。悲観することはない。選手みんなが与えられた持ち場をしっかりこなしている」と阪神の戦いぶりを評価する。この福留の一発が、全てが決まる第3戦にどう効いてくるだろうか。

Full-Count編集部

2019年セ・パ個人タイトル

  • 2019/10/02(水) 16:36:27

沢村賞:該当者なし(2000年以来19年ぶり)

■パ・リーグ
  MVP:森友哉(西) (初)
首位打者:森友哉(西) (初)
本塁打王:山川穂高(西) (2)
 打点王:中村剛也(西)  (4)
 盗塁王:金子侑司(西)  (2)
 防御率:山本由伸(オ)  (初)
 最多勝:有原航平(日) (初)
 奪三振:千賀滉大(ソ) (初)
 中継ぎ:宮西尚生(日) (3)
 セーブ:松井裕樹(楽) (初)
 新人王:高橋礼(ソ)

■セ・リーグ
  MVP:坂本勇人(巨) (初)
首位打者:鈴木誠也(広) (初)
本塁打王:ソト(横) (2)
 打点王:ソト(横) (初)
 盗塁王:近本光司(神) (初)
 防御率:大野雄大(中) (初)
 最多勝:山口俊(巨) (初)
 奪三振:山口俊(巨) (初)
 中継ぎ:ロドリゲス(中) (初)
 セーブ:山崎康晃(横) (2) 
 新人王:村上宗隆(ヤ)

広島の緒方監督、野間峻祥を平手でたたく 球団が厳重注意

  • 2019/07/25(木) 01:18:30

■広島の緒方監督、選手を平手でたたく 球団が厳重注意
2019年7月24日22時50分 朝日新聞デジタル

 広島の鈴木清明球団本部長は24日、緒方孝市監督が、6月30日のDeNA戦(横浜)で全力疾走を怠ったとして、野間峻祥外野手を平手で複数回たたいたと発表した。今月15日付で球団本部長名で緒方監督に厳重注意をし、NPBに報告した。

 緒方監督は同日、コーチ、選手ら全員の前で「申し訳ない」と謝罪をしたという。鈴木本部長によると、緒方監督は試合後に監督室で指導する中で手をあげてしまったという。野間にけがはない。野間は試合後、報道陣の取材に「この件は本部長に任せています」と述べるにとどめた。鈴木本部長によると、野間は「監督の言う気持ちも理解できるので不満はないです。この問題は大きくして欲しくない」と話しているという。

 緒方監督は24日の試合後、報道陣に「深く反省しています。本意でないのは、こういうことで選手がプレーしにくい環境を作ってしまったこと。申し訳ない」と謝罪した。